1. HOME
  2. ジェネリック医薬品とは

ジェネリック医薬品とは

ジェネリック医薬品とは

ジェネリック医薬品とは、特定のメーカーが十数年にも及ぶ長い研究とコストをかけ新しい薬を開発し、従来なかった薬効成分を持つ「先発医薬品(新薬)」の特許期間(20~25年)が過ぎた後に他のメーカーが同じ成分で製造、販売をしている薬のことです。長い研究でかけた莫大なコストがジェネリック品ではかかっていないため、より安く購入することができます。そして効き目も安全性も新薬と変わりません。

ジェネリック品にも高い基準や規制があります。溶出試験や生物学的同等性を確認し、新薬と同じ有効性、安全性なのかをチェックします。また、新薬と同じ割合で成分が溶け出すのかなどの確認も行います。それらを守り開発や製造、販売をしています。そしてジェネリック品は新薬と同じ効果をしつつ、より飲みやする工夫をしています。なので新薬より溶けやすく飲みやすくなったなど年齢を問わず思える商品です。新薬の有効性、安全性が十分に確認された上で新薬の特許期間満了後、ジェネリック品として製造されてます。

バイアグラのジェネリック

バイアグラのジェネリック

バイアグラのジェネリック医薬品も多くのものが販売されています。代表的なバイアグラのジェネリック品は、カマグラゴールド、アグラゴールド、シラグラ、ハードオン、ゼネグラなどがあります。これらの多くはインドで作られています。それは、インドの特許法が日本などとはことなり、早い段階でジェネリック薬を販売することができるからです。また、インドのジェネリック薬は非常に価格も安いのが特徴です。安いものだと1錠あたり200円ほどになります。これは通常のバイアグラの6分の1以下の値段になります。

その為、多くの人がこれらのジェネリック薬をED治療に使用しています。各薬にはほとんど効果に差はないのですが、微妙に効き方や副作用に違いがあることもあるので、自分に合ったものを見つけてみるとよいかもしれません。

バイアグラを通販サイトで購入する
メニュー
カテゴリー