1. HOME
  2. 勃起不全の原因

勃起不全の原因

勃起不全の原因

正常な男性が性的な刺激を受けると、脳からの信号によって神経を通り陰茎部に伝わり、これにより動脈が開き血液が流れ込みます。これが勃起のメカニズムです。しかし勃起不全の人の場合、この性的刺激がうまく届かないため、血液が陰茎に流れません。その為、勃起不全を起こしてしまいます。

これらEDの主な原因は、大きく分けて3種類あります。

心因性ED

心因性ED

1つ目は心因的な要因がある場合です。ストレスやうつ病、不安、性的なトラウマやコンプレックスなどの心理的な原因によってEDになる場合があります。このタイプは若い人(20~30代)のほうがなりやすいものです。性行為のトラウマの場合もあればまったく関係のないストレスの場合もあるように心理的なものでなるケースなのでさまざまな種類があります。

器質性ED

器質性ED

2つ目は器質的な要因がある場合です。血管障害の原因はさまざまですが最も多いのが加齢による動脈硬化によるものです。年齢が進むごとに誰にでもおこる現象なので加齢でEDになる人は多いです。

他にも、生活習慣病によっておこる場合もあります。喫煙や飲酒も過度にしていたり、運動不足だとEDを起こす可能性があるので日頃から意識することが必要になります。糖尿病や高血圧、などが原因で血管に障害を受けてしまうといった合併型が多くみられます。

またストレスや加齢によって男性ホルモンが低下してきますが、この男性ホルモンの低下によってEDになる場合もあります。あとは前立腺がんなどの手術による外傷が原因で起こるケースも器質的な要因でEDになるひとつの理由です。

薬剤性ED

薬剤性ED

3つ目は服用している薬が要因になる場合です。原因となる主な薬としてあげられるのは、中枢神経に作用するもの(精神安定剤、抗うつ剤など)、末梢神経に作用するもの(鎮けい薬など)、循環系に作用するもの(利尿剤、血管拡張剤など)、消化管に作用するもの(抗コリン薬など)などです。

普段の服用薬が原因になってしまうこともあるので日頃から注意して服用することが大事です。どちらも治療薬によって改善させることができますが、日頃から意識して生活習慣を改善していくことによってEDにならないよう阻止することができます。

バイアグラを通販サイトで購入する
メニュー
カテゴリー